錦江高原ホテル-情報まとめ

公開日: 観光レポ・旅メモ 

以前、このホテルについて記事を書いたのは、わたしがブログを始めたばかりの昨年8月です。

その頃、わたしにはまだ、リンクを貼ったり写真を載せたりする技術がなかったので、ただ単純に率直な感想と紹介を載せただけで、公式サイトへのリンクも貼らずに締めくくっていました。そのことが少し気にかかっていたので、この際、わたしなりの錦江高原ホテル情報をまとめてしまおうと思います。

錦江高原ホテルのウリは、何といっても景色 ―― 桜島と鹿児島市街地を一望する絶景です!!

宿泊してもよいですし、観光の計画に組み込んだり、アニバーサリーのお食事や、立ち寄り温泉として利用するなど、様々な方法で、景色を楽しむことができます☆

[1] 客室
スイートルーム、和洋室、ツインルームと3種類の客室があり、スイートと和洋室で、桜島&市街地の景色が楽しめます☆

ツインルームからは、桜島の反対側-ゴルフ場と展望台と風車が見えます。ゴルフ場などの景色もそれはそれでほのぼのしてますし、レストランや温泉で、桜島&市街地の景色を楽しむことは可能です。和洋室と比べて、もう少し安ければよいなぁと思うのですが。(現時点: 土曜・祝前日、1泊朝食付、2人1室の場合の1人料金が、和洋室 11,000円 / ツイン 9,000円。)

[2] レストラン
和食レストラン、洋食レストランなどがあります。窓際に席がとれれば、景色を楽しみながら食事できます。

わたしのお気に入りは、洋食レストランのジュセール。昼の長い季節は、ディナーをゆっくり楽しみながら、次第に昼から夜に変わっていく鹿児島の景色を堪能できます。(冬は、ディナーの時間にはもうすっかり夜景ですね。)

[3] 温泉
桜島&市街地が一望できる温泉です。宿泊客じゃなくても、立ち寄り可能です。露天風呂で、ガラス窓を通さず、肉眼で景色を楽しみながら、ゆっくりお湯につかるのは最高ですよ☆

宿泊の場合は、宿泊料金に入湯料も含まれています。立ち寄り湯の場合、大人1人1,000円。タオルは無料で借りられるので、下着の替えだけ持って気軽に行けます。ちょっと高いけど、奮発する価値アリ。

わたしが少し不満なのは、露天風呂の広さが、男湯と女湯で全く違うこと。女湯は狭いんです。ずるい。わたしも広い方に入りたいっ。日や時間によって男湯と女湯を入れ替えるとか、立ち寄り湯の女性料金を安くするとか、そういうしくみがあるといいなぁ。

あと、脱衣室に有料のロッカーと無料のロッカーがあるのは何故なのでしょう。わたしは、初めてここの温泉に入ったとき、脱衣室に入ってすぐの場所に設置してある有料のロッカー(確か100円)を素直に使ってしまい、奥まで入って無料のロッカーを見つけてガッカリしました。皆さんはお気をつけて。

[4] ラピュタな展望台
ホテルの敷地内、ゴルフ場の上に、展望台があります。ホテルの建物から歩いて片道20分かかるので、帽子と歩きやすい靴は必須です。カメラ、望遠鏡、鹿児島の地図などもあると楽しいでしょう。

がんばって歩いたら、桜島&市街地に加えて、後方に広がる雄大な山々まで見下ろすことができて、ちょっとした「天空の城」気分です。

ラピュタな展望台と風車
w070117-KinkoHotel1.JPG

桜島と市街地
w070117-KinkoHotel2.JPG

後方の山々
w070117-KinkoHotel3.JPG

というわけで、わたしの鹿児島お気に入りスポット紹介でした。
皆様も、機会があったら、是非遊びに行ってみてください☆

関連記事
- ジュセールでホワイトデーデート(2009-05-12)
- 錦江高原ホテル情報まとめ(2007-01-17)
- 錦江高原ホテル-旧紹介記事(2006-08-11)

公式サイト
- 錦江高原ホテル・ホームページ
- 錦江高原ホテル・ブログ
- 錦江高原ホテル・ブログ-旧2
- 錦江高原ホテル・ブログ-旧1

スポンサード・リンク

関連記事

2010年ランタンレポート ~ 長崎ランタンフェスティバルは毎年パワーアップしてるらしい

先月の帰省がちょうどランタンフェスティバルの最中だったので、夫と街を散策しました♪以前見に行った

記事を読む

びわのVIVAとの思い出 ~ パレスハウステンボス地区にてキャラクターの一団に遭遇

ハウステンボスの1番奥、パレスハウステンボス地区を散策。宮殿正面。宮殿の中。宮殿から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

こっとんこっとんのウェブログは、わたしが初めて開設したブログです。暮らしや興味のあるいろいろについて書いています。

PAGE TOP ↑