お墓で花火は不謹慎なの?

公開日: 九州の小ネタ 

3月、県民性に関するテレビの特番で、「長崎県民はお墓で花火をする」っていう話が出てて、それが一般的なことじゃないんだと初めて知りました。

長崎では、お盆の夕方、墓地に行くとあちこちで子供たちが花火をしており、自分が花火してなくても楽しい気分になります。油断していると、ねずみ花火が足元をかすめたり、頭の上にロケット花火のかすが落ちてきたりします。

そんなわけで、わたしは、小さな頃からお墓は「怖いところではなく、楽しいところ」だと思っていたのですが、それって変なことなんですね。

宮崎出身の夫に、この話をしたら、「不謹慎!」って言われました。

スポンサード・リンク

関連記事

節分にまくのは、大豆?らっかせい?

新潟では、落花生(らっかせい)を撒くらしい。節分と言えば「豆まき」なわけですが、今朝ツイッターで

記事を読む

国道3号線、国道10号線の終点。

道には、確かに終わりがあるんだろうけど・・・。でも、両方の端っこが同等なわけじゃなくて、起点と終

記事を読む

Comment

  1. hiro より:

    「惚れっぽい県はどこ?」とか「物持ちが良い県はどこ?」って番組ですね。

    お墓で花火って確かに他県民から見れば変わってると思いますよ。
    でも考えてみればお墓ってほとんど石で出来てるし
    周りに人家はあまりないし、火事やその被害の心配が
    あまりないので「なるほど、合理的」だとも思ったのです。
    ボクも不謹慎なのかな?

  2. こっとん より:

    > hiro くん
    うん、合理的☆
    子供がお墓参り行きたがるしね。

    親戚(子孫?)がお墓で賑やかだと、お墓の中の人も
    楽しいんじゃないかと思うんだけど、やっぱり、不謹慎?!
    ↑この発想が、長崎人共通のものなのかは、謎です。

  3. hiro より:

    なるほど、根本的に考え方が違うのですね。
    昔からの習慣になってるなら、マナーもきちんとしてるんでしょう。
    ご先祖さま達も微笑ましく見守ってくれてるかも知れません。

    でもボクはやっぱりお墓花火は怖いです(笑)

    【私信】この度は急な日程変更申し訳ありません。
         ご夫妻と遊ぶ時はやっぱり心おきなく遊びたいのです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

こっとんこっとんのウェブログは、わたしが初めて開設したブログです。暮らしや興味のあるいろいろについて書いています。

PAGE TOP ↑