mixi-2 使用感

公開日: ブログ運営 

入る前に警戒していたことが実際どうだったかとか、入ってみて気付いたこととか、mixiのメリット・デメリットを、ブログと比較しつつまとめてみました。

メリット:
- 操作・管理が簡単。ブログに比べて自由度が低い分、機能は少なくシンプルで、それらが使いやすいように上手く配置されてると思った。

- 日記の公開範囲を設定できるので、プライベートなことも書きやすい。「友人まで公開」を選べば、マイミクシィとして友人設定してある相手だけ閲覧できる。(ブログの場合も、特定の人にしか見せない設定自体は不可能ではないが、パスワードを設定して友人に知らせて・・・となると、突然パスワードを受け取った友人は多分困るよね。)

- mixi内で活動している友人の日記を見れる☆ 私にとっては、これが最も(というか唯一)重要だった点。最近は、ブログから乗り換えた人も多くて。なにしろ、自分も入らないと見せてもらえないので。

デメリット:
- 自由度の低さ → 日記をつけてみたが、HTMLタグを読んでくれなかった。リンクしたければ、アドレスを貼り付けるしかないようだ。コンテンツの配置などももちろんカスタマイズできない。日記のバックアップも多分とれない。

- 閉鎖性 → mixiに入っていない人は閲覧すらできない。同じ趣味の人と友達作りするなら、閉鎖的でない場所の方が適している。また、限定的な閉鎖性であり、安全性の保証はない。まぁ、ネット上でどうやっても完璧に安全ってことはないだろうけど、招待で誰でも入れるならなおさら。

感想:
足跡はやっぱり好きになれませんが、まぁ、ブログでもアクセス解析があれば同じことなので特にデメリットには加えませんでした。

また、入る前には、マイミクシィの制度にも疑問を持っていました。何故に友達として設定しあう必要があるのかと・・・だって、現実世界では「友達になってください」「ハイ」なんていうヤリトリって変でしょ? ネット上でもオープンな場所ではそんなの変です。→ 入ってみて、マイミクシィだと相手の日記の更新情報が届くとか、そういう風に使われてるんだなぁと納得(外の世界ではブラウザのRSSリーダーで代用可能)。

更に重要な点が、上に書いた、日記の公開設定をマイミクのみに限定できるという機能。これは確かに便利です。

分析:
- 適・不適 → シンプルに日記を書きたい人・友人だけに見せたい人はmixi向き、デザインや機能の拡張にも興味のある人・閲覧者を制限したくない人はブログ向き。

- 棲み分け → 欲張りな私には、どうやら両方必要そうですが、ブログは今まで通り趣味などについて書く場所として、mixiは友人の日記を見せてもらう場所として(そしてもしかしたら割と具体的な近況を報告するプライベート空間として?)というスミワケはできそう。

- 流行ってる理由 → 中で活動している友人の日記は、自分も入らないと見れない。また、入ったら、中の世界を広げるため、友人を勧誘するインセンティブも充分に。このナントナクねずみ講っぽいシステムにも抵抗あったんだよね。別にお金が絡むわけではないから、心配しすぎなのは分かってるんだけど。

注:
mixiでは、ここの「こっとんこっとん」とは別人として登録したので、mixi内で連絡をとりたい方は、こっそり私に問い合わせてください。

スポンサード・リンク

関連記事

お問い合わせページを改良したら間違いメールが来なくなったよ。

日本のジーンズブランドを紹介するサイトを運営してるんですが、以前から数ヶ月に1回くら

記事を読む

LX100買ったよ♪ 高級コンパクトデジカメ Panasonic LUMIX DMC-LX100 購入3ヶ月めの雑感

パナソニックのLUMIX LX100買っちゃいました!(夏ごろのことです。)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

こっとんこっとんのウェブログは、わたしが初めて開設したブログです。暮らしや興味のあるいろいろについて書いています。

PAGE TOP ↑