霧島の旅

公開日: 観光レポ・旅メモ 

霧島といえば、九州の代表的温泉地の1つ。山の景色が雄大で美しい温泉郷です。

- 交通: 温泉巡りを考えるなら、車で行きたいところ。観光については定期観光バスもありますが、4ヶ所を2時間半で回って大人1人2千円、霧島神宮以外の3ヶ所は滞在時間各10分ほどで、割高感と不自由さが否めません。

温泉 ―――――
霧島の1番の楽しみどころは、やはり温泉。宿の温泉だけでなく、変り種温泉を回ってみるのも楽しいです。

[泥湯温泉]
- さくらさくら温泉公式HP
天然の泥湯が特徴の温泉。泥パックで、お肌つるつる☆ 宿泊施設もあります。

[渓流の秘湯巡り]
- 霧島いわさきホテルの「緑渓湯苑」紹介ページ
森の渓流沿いに8つの秘湯。水着着用で楽しみます。冬は、凍結・積雪で営業しない場合があるので注意。

ちなみに、同ホテル林田温泉(内風呂・露天風呂)のミストサウナもよかったです☆

観光 ―――――
- 霧島観光.comによる案内
霧島神宮、高千穂河原(古宮跡)、えびの高原(トレッキング、足湯、不動池)、霧島アートの森など。

メモ ―――――
- 冬は、緑渓湯苑が閉まっている可能性が高いし(積雪など)、なにより水着で渓流歩きは寒い。泥湯も、泥パックをぬって乾くまでの間、寒いです。温泉といえば冬のイメージが強いですが、霧島温泉郷は山の上にあり、常時下界より気温が低めなので、夏、避暑に出かけるのもよさそう。

スポンサード・リンク

関連記事

2010年ランタンレポート ~ 長崎ランタンフェスティバルは毎年パワーアップしてるらしい

先月の帰省がちょうどランタンフェスティバルの最中だったので、夫と街を散策しました♪以前見に行った

記事を読む

びわのVIVAとの思い出 ~ パレスハウステンボス地区にてキャラクターの一団に遭遇

ハウステンボスの1番奥、パレスハウステンボス地区を散策。宮殿正面。宮殿の中。宮殿から

記事を読む

Comment

  1. hiro より:

    ああ愛しの温泉、、
    宿についてひとっ風呂浴びて
    あがってからはビール&豪華な料理。
    心身ともにリフレッシュできる温泉宿は
    まさしく日本の宝です。

    ボクは怪我もちなので年に数回は必ず
    温泉宿に数泊して治療してます。
    霧島は指宿に並んでお薦めできる名所ですよね。

  2. こっとん より:

    > hiro くん
    へぇ~、治療にもなるんだぁ。

    温泉宿でまったりするのって
    楽しいよね☆

  3. hiro より:

    イエッサー!
    ビリーでかいた汗を温泉で流すのはきっと最高であります。

    たしかほとんどの温泉は神経痛にもいいはずです。
    東京時代の寒い冬は足腰にきましたからね。
    近所の温泉に1時間くらい浸かったものでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

こっとんこっとんのウェブログは、わたしが初めて開設したブログです。暮らしや興味のあるいろいろについて書いています。

PAGE TOP ↑