南薩摩の旅

公開日: 観光レポ・旅メモ 

- 交通メモ: バスの本数が少ないので旅程にある程度の制約は生じるが、JR・路線バスを乗り継いで回れる。面倒なら、定期観光バスという手もあるが、各観光地での自由時間が制限される。車が最も便利。

知覧エリア ―――――

[知覧特攻平和会館]
- 鹿児島県観光課による紹介ページ
- 鹿児島県知覧町役場による紹介ページ

長崎に生まれ育った1人として、行ってみたかった場所の1つ。太平洋戦争末期の陸軍特攻基地の跡地に建てられた平和会館。特攻隊員の遺影・遺品などが展示してあります。人それぞれ感じるところがあると思うので、わたしの感想は特に書きませんが、平和について今一度考えるきっかけをもらえると思います。

[知覧武家屋敷群]
- 鹿児島県観光課による紹介ページ
- 鹿児島県知覧町役場による紹介ページ

本当にきれいな町並みでした。写真とりまくりました。どうしてこんな山間地区に武家屋敷や城があったのか不思議に思ったので、歴史的背景を大雑把に調べてみました。以下、概要です↓

島津藩政時代に113築かれたといわれる外城(※)の1つが知覧にあり、その武家屋敷通りと屋敷庭園が残ったもの。古くから「薩摩の小京都」と呼ばれ、美しい町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区に、7つの家の庭園が国の文化財に指定されている。
※ 外城(とじょう): 戦国期から江戸時代にかけて、大名島津氏が設けた在地支配のしくみ。各外城は家中の外城主・地頭の支配下に置かれ外城衆が配属された。外城衆は外城の麓(ふもと)部落に居住し、知行・扶持が少ないため農耕を営んで自活し、地方(じかた)の役人として農民を支配した。(広辞苑第5版より)

指宿エリア ―――――

[指宿の町]
かわいいお土産もの屋さんが並んでいたりといった温泉街らしい趣はあまりなかった。(昔はもっと活気があったらしい。) 温泉宿(ホテル・民宿)はたくさんあるので、南薩摩の旅中に宿泊するにはよい。

楽しみどころとして、まず、砂むし温泉は外せない。あと、駅・街中・海沿いに足湯がある。

宿では温泉が楽しめる他、海沿いのホテル(の海側の部屋)をとれば、部屋から海の景色が楽しめる。海の景色は、宮崎の青島ほどの風情はないものの、水がきれいでよい。わたしは早起きしなかったので確かめてないが、朝焼けが海に映えてきれいらしい。

[砂むし温泉]
- 砂むし会館「砂楽」HP

海岸に寝そべって砂をかけてもらうのだが、砂のほどよい重みとフィット感がとても心地よかった。砂に埋まった体全体(顔以外)がジンワリと温かい。人によって違うらしいのだが、わたしは、かかととふくらはぎが結構熱くて、時々少し浮かせては熱さをしのいだ。

カメラを持ち込んで、スタッフさんに砂に埋まっている姿を撮影してもらうことが可能。ただし、砂がかからない準備が必要で(ビニール袋に入れていくとか)、しかも、砂に埋まる現地に荷物置き場がないので、適当な場所に置いておくのだが、誰かに踏まれないか気が気でなかった。使い捨てカメラとかが無難かも。

あと、観光ガイドブックの説明を早とちりして、普通の外出着にタオル1枚だけ持っていったのだが、シャワーで砂を落とした後、普通の温泉も楽しめるので、着替えが楽な服装(ジャージ&草履とか)で、お風呂グッズ一式持ってくるべきだったと思った。

[宿メモ:千成荘について]
- 指宿民宿 千成荘: 〒891-0406 指宿市湯の浜5-10-9 (電話 0993-22-3379)

民宿としては、設備が整っている ―― 全室ユニットバス付き、アメニティも一通り(バスタオル・タオル・浴衣・シャンプー・歯ブラシなど)。温泉は、家族湯程度の広さのが館内に1つあり、他のグループの入浴中は入れない。海から1ブロック入った場所にあり、2F(最上階)の海側の部屋からの景色は、建物の合間から少し海が見える程度。

料理は素材にこだわっており、魚は天然、米・野菜は田畑直送。魚料理中心の和の夕食はとてもおいしく、白身の刺身が苦手なわたしがお刺身を完食しました。

更に南エリア ―――――

[フラワーパークかごしま]
- フラワーパークかごしま公式HP

普通の植物園だと思っていたのですが、かなり広くて、ジャングル風の場所があったり、西洋の庭園みたいなところがあったり、温室があったり、バラ園があったり、展望台があったり、鯉にえさがやれたり・・・満喫しました☆ 全部をまわる所要時間の目安は2~3時間とのことだったのですが、中のレストランで昼食をとったり、デザートを食べたり、ゆっくり歩いて写真もたくさん撮ったので、結局、4時間半くらいいました。

[今回行けなかったところメモ]
- 山川の砂むし温泉、山川ヘルシーランドの露天風呂、長崎鼻、開聞岳、池田湖、枕崎(鹿籠豚、お魚センター)

無料の観光地図(ガイドマップ) ―――――

- 鹿児島: 「パンフNavi」内観光パンフレット
- 南薩摩: 「いぶすき☆ネット」内観光地図
- 知覧: 鹿児島県知覧町役場サイト内観光地図
- 指宿: 「いぶすき☆ネット」内観光地図
※ 現地で収集する場合は、駅の観光案内所、ホテルのフロント、観光協会の事務所など。

スポンサード・リンク

関連記事

2010年ランタンレポート ~ 長崎ランタンフェスティバルは毎年パワーアップしてるらしい

先月の帰省がちょうどランタンフェスティバルの最中だったので、夫と街を散策しました♪以前見に行った

記事を読む

びわのVIVAとの思い出 ~ パレスハウステンボス地区にてキャラクターの一団に遭遇

ハウステンボスの1番奥、パレスハウステンボス地区を散策。宮殿正面。宮殿の中。宮殿から

記事を読む

Comment

  1. hiro より:

    今回も鹿児島観光の王道をがっつり行かれましたね。

    砂むし風呂熱かったでしょ?
    サウナのハードバージョンだと思ってるのですが。

    指宿はボクも大好きです。
    食事に温泉に恵まれた土地の一つですよねー。

  2. こっとん より:

    > hiro くん
    うん☆ まずは、王道をおさえとかないとね。

    砂むしは、サウナほど熱くはなかったよ。私の場合、かかととふくらはぎを時々浮かせれば、後はとても心地よい温かさでした。体の悪いところに反応するらしい?ので、hiroくんは、疲れているときに行ったとか?

    南薩摩、おいしい・楽しい旅でした。

  3. hiro より:

    >hiroくんは、疲れているときに行ったとか?

    おっしゃる通りでございます。
    トレーニング後の全身筋肉痛の時に行きました、、
    何事も程ほどにってことですか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

こっとんこっとんのウェブログは、わたしが初めて開設したブログです。暮らしや興味のあるいろいろについて書いています。

PAGE TOP ↑