水曜日に映画をオリジナル2本立てにしてみた話

昔は、映画ってほとんど2本立てでしたよね。「火垂るの墓」と「となりのトトロ」とか、「男はつらいよ」と「釣りバカ日誌」とか、2本とも印象深かったときのは特によく覚えてます。

いつのまにか2本立てというものがなくなって、あと、映画は見るのにエネルギーを使うので(私の場合)、一度に何本も見ると疲弊してしまうというのもあって、1日に映画を2本見るということが全くなくなってたんですが、昨年末、久々に2本立てで見ました!

といっても、普通にチケット2枚買っただけです。水曜日(レディースデー)に行ったので、合わせて2千円♪

年末~お正月にかけて、どうしても見たい映画が2本あって。中々時間がとれそうになかったので、思い切ってハシゴするか!ってことで。

「最後の忠臣蔵」と「相棒 劇場版II」。

それぞれおもしろかったし、2本立てとしても、しっとり → ドキドキハラハラという感じで楽しめました☆

「最後の忠臣蔵」は、
「北の国から」の杉田成道監督作品。時代劇って、勧善懲悪のすっきり爽快!なイメージがありますが、しっとりした人間ドラマ(ストーリー)と時代劇がとても合っててよかったです。監督の作り出すねっとりした空気感?との組合せも新鮮でした。

桜庭ななみさんがかわいすぎます。ぽや~☆としながら見てました。
役所広司さんはもちろんかっこいいです♪

「相棒 劇場版II」は、
ドラマ「相棒」の劇場版第2弾(スピンオフも入れると3本め)。ドキドキハラハラ、とてもおもしろかったです。そして、相棒ファンは見ておくべき映画だと思います。

感想を書くとネタバレしそうなので控えますが、本筋に関係ないところでは、怒った神戸くん(ミッチー)がかっこよすぎてドキドキしました☆☆

スポンサード・リンク

関連記事

w150423-frozen02

いまさら「アナと雪の女王」見たので、感想を書いてみる。

最近、機会があって「アナと雪の女王」を初めて見ました。話題になってた当時はほとんど興

記事を読む

2012年にオープンした天文館のシネコン行ってきた。

1年半くらい前(2012年5月)にオープンした天文館の新しい映画館「天文館シネマパラダイス(テ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

こっとんこっとんのウェブログは、わたしが初めて開設したブログです。暮らしや興味のあるいろいろについて書いています。

PAGE TOP ↑