6月6日、映画「ガマの油」行ってきました♪

まずは、拓郎の仕事部屋のとある文字にふきだしそうになったのを必死でこらえました(周りが静かだったので)。それからも色々おもしろかったぁ。

この映画の中で悲しい出来事が起こることは去年から分かってたので、いわゆる「泣ける」映画だったら劇場から悲しみを持ち帰って辛いかもなぁって思ってたんですが、笑って・泣いて・最後にはホッと和む、そんなお話でした。

ストーリーとメッセージが直球で伝わってくる構成。それから、登場人物が生き生きしてたのが印象的でした。拓郎の雄叫びはこっちまで楽しくなるし、光と、子供時代の拓郎はとっても愛らしいし、油売りの女の人はとっても色っぽいし(惚)、油売りのおじさんの濃ゆ~い話し方おもしろいし・・・とにかく挙げるとキリがないくらい。

さて、ここからは、映画に因んだ私の話。

私が時々思い出すのは、しばらく前に亡くなったおばあちゃま。子供の頃、ピアノを習いに行って、練習の後、録画してくれてた「三匹が斬る」を一緒に見ながらおやつを食べて帰るのが、毎週末の日課でした(家にはテレビがなかったので)。私が夫と付きあいはじめる前に亡くなったのですが、夫を会わせたら喜んでくれただろうなぁって時々思うんです。

でも・・・そっかぁ、きっと今どこかから見て喜んでくれてるんだって。そう思わせてくれる素敵な映画でした。

私は子供の頃から、仏壇とか先祖の眠るお墓が大好きでした。なんか、守ってくれてる感じがして安心するというか(知らないお墓は怖いですけど)。遺影の中のおばあちゃまが話しかけてきて、楽しくおしゃべりした夢を見たことがあって、起きてから幸せな気分になったりとか。

やっぱり、「人生はファンタジー」?

- 映画「ガマの油」公式サイト
- 役所広司さん公式サイト

スポンサード・リンク

関連記事

いまさら「アナと雪の女王」見たので、感想を書いてみる。

最近、機会があって「アナと雪の女王」を初めて見ました。話題になってた当時はほとんど興

記事を読む

2012年にオープンした天文館のシネコン行ってきた。

1年半くらい前(2012年5月)にオープンした天文館の新しい映画館「天文館シネマパラダイス(テ

記事を読む

Comment

  1. だいすけ より:

    お久しぶりです☆
    この映画まだみてないんですけど、すごく見たくなりました☆
    ありがとうございます^^

  2. こっとん より:

    > だいちゃん
    久しぶり☆ コメントありがと!

    素敵な映画だったよ。
    よかったら見に行ってね~。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

こっとんこっとんのウェブログは、わたしが初めて開設したブログです。暮らしや興味のあるいろいろについて書いています。

PAGE TOP ↑