動画をやりとり・公開する前に知っておきたい《権利》と《安全》の話

公開日: | 最終更新日: 2016/09/23

video0004

作った動画を自宅で家族と鑑賞するだけならばさほど意識しなくてもいいかもしれませんが、家で家族と見るだけじゃない場合、権利と安全の問題についてもひととおり知っておく必要があります。

FacebookもTwitterもInstagramも、そこで文章を書いたり、写真や動画をアップする行為は「ウェブで公開すること」とほぼ同義です。つながっている人にしか見えないようにする設定はありますが、つながっている人がシェアすればその人の知人にも見えるようになったりと、ちょっとしたきっかけで広がる可能性をもっています。

SNSで友達にシェアする場合もYouTubeなどで動画を公開する場合も、人目にさらされる可能性があるという意味では同じことで、ひとしく、他人の権利や自分の安全に気をつけなければいけません。

人の権利を侵害しないために大切なのは、第一に、「しっかり許可をとる」こと。

video0031

わたしは、お店やイベントなどで撮影させてもらうときは、スタッフさんに「撮ってもいいですか?」と聞いています。(SNSにアップしたり、YouTubeで公開したりする予定がある場合は「○○にアップしていいですか?」という点も確認します。)

ちなみに、撮影禁止の場所で撮影した場合、その行為は「建造物等侵入罪」に該当するそうです(参考: 旅行写真をブログ公開したら、そこに写りこんでいた人から「肖像権の侵害だ!」そう言われたら?)。

犯罪に該当しない場合でも、マナーを大切に、撮らせてもらう相手側を困らせないように喜んでもらえるように撮影したいですね。

さて、以下ではもう少し細かく、

動画にかかわる3つの重要な問題(著作権、肖像権、個人情報とセキュリティ)についてまとめました。

動画と著作権

明らかな盗用・パクリ行為はもちろんNGですが、自分が編集した動画でも誰かの著作権を侵害してしまっていてアカウント停止などのペナルティにつながるというケースがあります。

記事を読む

動画と肖像権とプライバシー

動画を公開する際に気をつけるべき「肖像権」について、肖像権とは何か、肖像権を侵害しないためにはどうしたらいいかなど、基本的なポイントをまとめました。

記事を読む

動画と個人情報とセキュリティの問題

(SNSへの投稿を含め)ウェブにアップした動画や写真・投稿などから、個人情報がどのように閲覧されうるか、多くの人の目にさらされることに関してどういったリスクが考えられるか、といったことについてまとめました。

記事を読む

スポンサード・リンク

このサイトの内容【もくじ】

video0002

初心者さんのためのビデオ・動画《撮影》超入門

「ビデオを撮りたい、動画撮影したい、でも、なにからはじめていいかわからない・・・」という方へ、「動画撮影って実はすごく身近になっているので、まずはやってみましょう♪」というところから、

記事を読む

video0003

初心者さんのためのビデオ・動画《編集》超入門

撮った動画はそのまま見ることもできますが、「前後の不要な部分を削ろうかな」とか「BGM(音楽)を入れたいな」と思ったら《編集》の作業が必要になります。映像編集(動画編集)というと、

記事を読む

video0004

動画をやりとり・公開する前に知っておきたい《権利》と《安全》の話

作った動画を自宅で家族と鑑賞するだけならばさほど意識しなくてもいいかもしれませんが、家で家族と見るだけじゃない場合、権利と安全の問題についても

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

ブログは2006年から、YouTubeチャンネルは2015年から運営しています。

PAGE TOP ↑