美しい高性能ノートパソコン「Surface Laptop」… カラーは、薄いグレー、淡いゴールド、コバルトブルー、シックな赤の4種類

Surface Laptopは、大人っぽく美しいノートパソコン。使い心地がよく、性能も高いので、さまざまな用途に対応できる有能なノートパソコンです。

Surface Laptop はどんな風に使える? 何ができる?

  • タッチ対応ディスプレイなので、スマホみたいに画面を指でさわって操作できます。
  • Microsoft Office Home & Business 2016 同梱なので、Word、Excel、PowerPoint がすぐに使えます。
  • Wifi接続(無線LAN)で、インターネット、メールも楽々。
  • USBのさしこみ口は1コ。「SDカードリーダーつきUSBハブ」等をつなぐことで、USBメモリや外付けHDDにスマホやデジカメのデータを保存したいときなどにも便利に使うことができます。
  • Bluetooth 4.1 対応の機器(マウス、テンキーなど)を、ケーブルなし(無線)で接続して使用することができます。
  • Mini DisplayPort があるので、変換ケーブルを使ってプロジェクターやテレビに接続し、パソコンの画面を大きく表示させることができます。パソコンで作ったスライド資料をプロジェクターに表示させてプレゼン・発表したり、旅行で撮った写真や動画をテレビで見たり、活用方法はいろいろ。
  • 専用ペンで画面に書き込みができるので、お絵描きしてみたり、数式など打ち込みが面倒な内容をささっとメモしたり、プレゼン中に画面に追加情報を書き込んだりすることができます。
  • バッテリーは、動画を最大 14.5 時間再生できるパワフルさ。電源が使えないところでも安心です。
  • テレビ電話やオンライン英会話などに使えるビデオカメラ機能もついています。

Surface Laptop を使った感想は?

Surface Laptopを1週間お借りしてがっつり使ってみたので、実際に使った感想をまとめます。(マイクロソフトの代理店さんからご連絡いただき、期間限定で特別にお借りしています。一般向けの貸出サービスは、実施していないそうです。)

Surface Laptopを手にとって最初の印象は、上品で美しい!ってこと。

重さは、約 1.3 kg。

水が入った500mlペットボトル 2.4 本くらいです。(500mlペットボトル 1本 535g として算出。)

重さ 1,252 ~ 1,283 g
大きさ 30.8 x 22.3 cm
厚さ 1.4 cm
ディスプレイ 13.5型
解像度 2256 x 1504

大きさは、A4サイズの用紙より、ほんの少し大きいくらい。ビジネスバッグにすっぽり余裕で入ります。

写真は、下から、ビジネスバッグ、Surface Laptop、A4サイズのレポート用紙、の順に重ねたもの。A4サイズのレポート用紙の下に、少しだけはみ出して見えるのが Surface Laptop です。

A4の用紙より少しだけ大きいものの、ほとんど差がないくらいなので、A4サイズのファイルなどが入るバッグであればだいたい収まりそうです。

キーボードは、打ち心地抜群♪

タッチパッドも広く、反応がよく、とても使いやすいです。

画面を閉じた状態から開くとき、ちょっと開けにくく感じました。画面側とキーボード側のそれぞれが薄く、角に丸みもあまりないからでしょうか。しっかり持ってぐっと上げれば、もちろんまったく問題ないのですが、さっと一瞬で開けることに慣れていると、使い慣れるまで、少しもどかしく感じるかもしれません。

Surface Laptopでは、専用ペンを使って画面に文字や絵をかきこむことができますが、画面をテーブルにペタっと平置きすることができません。画面がナナメの状態で書き込むとなると安定感どうなのかな…と思っていましたが、若干ふわふわはするものの、予想ほど不安定ではなく、メモを書き込んだりするのには問題ないなという印象でした。

がっつり絵を描きこんだりしたい人は、画面をテーブルにペタっと平置きできる Surface Pro の方がよさそうです。

Surface Laptop を買う前に知っといた方がいいこと、気をつけるポイントってある?

「Windows 10 S」という、安全性が高く、自由度が低いタイプのOSが入っています。

結論からいうと、

Surface Laptopに入っている「Windows 10 S」はやや不便なので「Windows 10 Pro」にアップグレードして使った方がいい、というのが Surface Laptop の注意点です。

アップグレードは Surface Laptop の画面上で簡単にできます(インターネットへの接続が必要です)。アップグレードの料金は、2018年3月31日まで無料。その後は、有料になる見込みです(金額は未発表)。

Windows 10 S って?

Windows 10 S は、今年発表された、Windowsの新しいエディション。パソコンを使う授業における教員の悩みをヒントに作られたとされ、「起動や動作の速さ」と「高い安全性」を主な特徴としています。

起動・動作の速さと安全性の高さはもちろんいいことなのですが、気をつけないといけないのは、自由度が低い、という点。

細かく挙げるといろいろあるのですが、もっとも大きなポイントは、

使うことができるソフトウェアが、マイクロソフト・ストアからダウンロード可能で、かつ、Windows 10 S と互換性のあるアプリだけ、という点。使いたいソフトをなんでも使えるわけではないため、パソコンの用途がかなり限定されてしまいます。

Windows 10 S のこういった特徴が適するケースとして、たとえば、教室に設置したり貸出したりするパソコンの場合、性能が低いパソコンに入れて動作の軽快さを保ちたい場合、セキュリティに関して総合的に判断することが難しい小さな子どもに使わせたい場合、などが考えられます。

Windows 10 Proへのアップグレードは簡単! 2018年3月31日までは無料です。

そんなわけで、高性能な Surface Laptop を大人や学生が個人で使う場合、Windows 10 S はあまり向いていないといえます。

ただ、この問題は Windows 10 Pro にアップグレードすることですべて解決するので、ぜひアップグレードして、自由に快適に使いましょう。

Surface Laptop の価格・お値段は?

Surface Laptopは、公式通販で、13万円台から。

性能がよく(+容量が大きく)なるにしたがって、約14万円、約16万円、約21万円、約28万円、約34万円と5つのタイプが用意されています。

容量: 128GB
メモリ: 4GB
処理性能: Core i5
グラフィック性能: インテル HD グラフィックス 620
136,944円(税込)
容量: 256GB
メモリ: 8GB
処理性能: Core i5
グラフィック性能: インテル HD グラフィックス 620
158,544円(税込)
容量: 256GB
メモリ: 8GB
処理性能: Core i7
グラフィック性能: インテル Iris Plus グラフィックス 640
206,064円(税込)
容量: 512GB
メモリ: 16GB
処理性能: Core i7
グラフィック性能: インテル Iris Plus グラフィックス 640
280,584円(税込)
容量: 1TB
メモリ: 16GB
処理性能: Core i7
グラフィック性能: インテル Iris Plus グラフィックス 640
341,064円(税込)

Surface Laptop の種類は? 選び方は?

価格の項目にあるとおり、Surface Laptopには、性能のバリエーションが5つあります。ざっくりいうと、価格が高いほど性能も高いです。

動画編集をしたい、プログラミングをしたい、ネットゲームをしたいといった具合に、パソコンの用途がだいたい定まっている場合は、使おうと思っているソフトやサービスのシステム要件(必要システム構成)を調べて、要件を満たす機種を選びましょう。

用途がとくに決まっていない場合は、このくらいの価格で!と思う、いわば「予算に合う機種」を選ぶのもいいと思います。

のちに、高い性能を要する作業をしたいとなった場合、より高性能なパソコンを買っておいた方が、より多くの、さまざまな用途に対応が可能です。ただ、Surface Laptopはそもそも高性能なノートパソコンなので、最安値の機種でも、WordやExcelなどの文書を作ったり、写真を加工・編集したり、インターネットであちこち見てまわったり、といった使い方には十分な性能を備えています。

パソコンでやってみたい作業を書き出して、それをするにはどのパソコンがいいだろう、予算はどのくらいをメドにしよう…と考えていくと、おのずとコレ!という機種が絞られてくると思います。選び方がわからない方は、ぜひこの手順で検討してみてください。

Surface Laptop の人気ランキングは?

Surface Laptopで人気の色は、

1位 プラチナ(銀色)
2位 バーガンディ(大人っぽい赤)
3位 コバルトブルー
4位 グラファイトゴールド

の順(価格コム「よく見られている順」2017年12月より)。

性能・容量別では、

1位 Core i5 / 256GB 容量 / 8GB メモリ の機種
2位 Core i5 / 128GB 容量 / 4GB メモリ の機種
3位 Core i7 / 256GB 容量 / 8GB メモリ の機種
4位 Core i7 / 512GB 容量 / 16GB メモリ の機種

の順に人気です(価格コム「ノートパソコン人気売れ筋ランキング」2017年12月より)。

オシャレのポイントは?

注目は、カラー展開。大人っぽい色合い&高級感と、好みで選べるカラーバリエーションがポイントです。

カラーバリエーションは4種類! 好みの色を選ぼう

選べる色は4種類。パソコンのカラーバリエーションとしては、かなりの充実度といえます。

いずれも上品な光沢があり、落ち着いた色合いながら高級感も漂います。

価格コムの「よく見られている順」では、上位から、プラチナ(銀色)> バーガンディ(大人っぽい赤)> コバルトブルー > グラファイトゴールド の順になっていますが、

オシャレ目線的には、プラチナ以外もそれぞれ魅力的。

ここはぜひ、好みの色を選びましょう。(ちなみに、わたしはグラファイトゴールドが好きです♪)

マリメッコ・コラボのパソコンケースが魅力的

マイクロソフト公式通販にて、華やかなデザインが特徴的な北欧のアパレル・ブランド「マリメッコ」とコラボしたパソコンケースが出ています。

【まとめ】Surface Laptop って、どんな人にオススメ? どの機種がいい?

Surface Laptopは、大人っぽく美しいノートパソコン。

性能も高いので、OSを「Windows 10 Pro」にアップグレードすれば、たいていの用途に対応できます。(※ Surface Laptop の OS は、購入時点では「Windows 10 S」です。)

その姿の美しさにときめいた人はぜひ♡

パソコンに慣れていない人、Surface興味あるけど2in1やタイプカバーに抵抗があるんだよなぁ…という人にもオススメです。

買ったらぜひ、OSを「Windows 10 Pro」にアップグレードしましょう。Surface Laptopのような高性能なパソコンを個人で使う場合、自由度の制限された「Windows 10 S」より、自由な「Windows 10 Pro」の方が圧倒的におすすめです。(2018年3月末までは、無料でアップグレード可能。)

(個人で使う場合でも、「パソコンこわい」といったイメージが強く、パソコンを安心して使えないと感じる人は、自由度が低いかわりに安全性が高い「Windows 10 S」のまま活用してもいいかもしれません。)

マイクロソフト公式通販で買うと、延長保証がつけられます(有料)

Surface Laptopは、Amazon、楽天や家電量販店でも販売されていますが、Surfaceのメーカーであるマイクロソフトの公式通販サイトでも買うことができます。

延長保証

マイクロソフト公式通販では、本体と延長保証プログラム(Microsoft Complete for Surface Laptop)を同時購入することで、メーカー保証をプラス1年追加することが可能です(通常のメーカー保証と合わせて、合計2年の保証期間となります)。

延長保証プログラム(Microsoft Complete for Surface Laptop)の価格は、15,984円(税込、2017年12月現在)。決して安くはありませんが、技術サポート付き、「落下や水濡れなどのアクシデントによる故障にも対応」してくれる心強い保証内容で、検討の価値あり。

安いパソコンであれば、壊れたとき修理するより買い替えた方が手間も料金的な負担も少なかったりしますが、一定以上の価格のパソコンの場合、壊れても簡単に買い替えることが難しいので、延長保証はつけておいた方が安心です。

購入後30日間返品可能

マイクロソフト公式通販では、購入後30日間は、国内返送料無料で返品を受けつけています。(※ 返送する前に、返品のための手続きが必要です。)

全商品送料無料

マイクロソフト公式通販は、全品送料無料です。

マイクロソフト公式通販でお買物するメリット・まとめ
  • 延長保証あり(有料)
  • 購入後30日間返品可能
  • 全商品送料無料

Surface Laptop(2017年発売)の仕様

本体の大きさ308.1 mm x 223.27 mm x 14.48 mm
本体の重さ i5: 1,252 g
i7: 1,283 g
外形 ケース: アルミ
色: バーガンディ、プラチナ、コバルト ブルー、または、グラファイト ゴールド
物理ボタン: 音量、電源
バッテリー駆動時間最大 14.5 時間の動画再生
保証1年間のハードウェア保証
OSWindows 10 S
ソフトウェアOffice Home & Business 2016 同梱
ディスプレイのサイズと種類13.5型 PixelSense ディスプレイ(Corning Gorilla Glass 3)
ディスプレイの解像度2256 x 1504 (201 PPI)
ディスプレイの縦横比3:2
ディスプレイのタッチ・ペン対応の有無10点マルチタッチ対応、Surfaceペン対応(※Surfaceペンは別売りです)
ストレージ(記憶装置)の種類SSD
ストレージ(記憶装置)の容量128 GB、256 GB、または、512 GB
CPU(プロセッサ)第7世代インテル Core i5 または i7
RAM(メインメモリ)4 GB、8 GB または 16 GB
GPU(グラフィックスプロセッサ) i5: インテル HD 620
i7: インテル Iris Plus グラフィックス 640
ブルーレイ・DVDドライブなし
WebカメラWindows Hello 顔認証サインイン カメラ、720p HD カメラ(正面)
オーディオステレオ マイク、Dolby Audio Premium 装備 Omnisonic スピーカー、3.5mm ヘッドホン ジャック
ワイヤレス機能Wi-Fi: 802.11ac Wi-Fi ワイヤレス ネットワーク、IEEE 802.11a/b/g/n 互換、Bluetooth 4.1 テクノロジ
センサー光センサー
セキュリティセキュリティー・チップ(TPM)搭載。Windows Helloの顔認証サインインを備えたエンタープライズ級保護。
外部接続端子USB 3.0、ヘッドセット ジャック、Mini DisplayPort、Surface Connect、Surface Dialのオフ スクリーンの相互作用と互換性あり
付属品(同梱物)電源アダプター、Office Home and Business 2016 プロダクト キー、保証書、クイック スタート ガイド、安全性および保証に関するドキュメント

スポンサード・リンク

関連記事

また進化してる! 2017年最新版 Surface Pro を1週間使ってみたよ♪

新しいSurface Pro情報も興味津々でチェックしていたわがや。(夫婦そろって、初代Su

記事を読む

Surface Proを4年愛用中のわたしが、Surface Proシリーズのすごさを語るよ。

Surface Pro 4を借りて1週間使わせてもらったことをキッカケにSurface関連の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

こんにちは♪

ブログとジーンズと地元・九州が大好きな こっとんこっとん です。

こっとんこっとんのウェブログは、わたしが初めて開設したブログです。暮らしや興味のあるいろいろについて書いています。

PAGE TOP ↑